安全確実なハクビシン駆除の方法|専門会社に任せて安心

与えられる害

家

ハクビシンは可愛らしい見た目とは裏腹に、家に住み着かれることでさまざまな害を家人に及ぼします。夜行性であるため、深夜に屋根裏を走り回られ、騒音によって睡眠不足となる場合があります。また、巣の周囲に糞尿を行なうので、家の中が悪臭で充満するようになるでしょう。ハクビシン自身が人へと危害を加えることもあります。凶暴な野生動物でもあるので、不用意に近づくと怪我を負う場合もあるのです。放置していると、自分だけでなく家族にも危害を加えられるリスクがあるため、問題となります。野生のハクビシンはさまざまな病原体が体に含まれているので、ちょっとした怪我でも与えられると危険です。最も注意しなければならないのが狂犬病であり、治療薬がないことからもしも発症すると確実に命を落とすこととなるので、不用意に近づかないようにしましょう。安全に駆除ができるグッズを用いるか、ハクビシン駆除の会社へ依頼する必要があります。

個体に近づかずに駆除をしようとして、棒を使って追いだそうとする人や、エアガンなどを使う人も多いものです。痛い思いをさせれば追い出すこともできるかもしれません。しかし、直接ハクビシン自身にダメージを与えてしまうと、鳥獣保護法によって処罰される恐れがあるので注意が必要です。家に住み着いた動物を手荒な方法で駆除しようとすると、周りの住民や通行人から動物虐待をしていると勘違いされる場合もあるため、駆除を試みる時は細心の注意が必要です。ハクビシン駆除を行なう会社に依頼することで、こうした問題も改善することができます。駆除会社は市町村にしっかりと駆除の申請を行なっているので、依頼することで処罰されずにハクビシンを駆除できるでしょう。